【糸島市】不動産売却でなか...

【糸島市】不動産売却でなかなか売れない土地とすぐ売れる土地の違い。

【糸島市】不動産売却でなかなか売れない土地とすぐ売れる土地の違い。

糸島市で土地を売りに出しているのに、なかなか売れずに悩んでる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

✔ 全然物件の問い合わせがない

✔ 値下げした方がいいのだろうか?

✔ 仲介会社を別のところに変えた方が良いのか?

売れない土地にはいくつかの原因があり、その原因を細かく分析してから対処していくことが大事です。

今回の記事では、土地が売れない原因やその土地をるための対処方法について解説いたします。

【糸島市】不動産売却でなかなか売れない土地とすぐ売れる土地の違い。

土地がなかなか売却できない理由とは?

土地を売りに出したは良いけどなかなか買い手がつかなくてお困りの方のためにここでは売れない土地の8つの特徴について解説します。

 

01.周辺に土地の需要がほとんどない

土地が売れ残る一番の要因として考えられるのは、需要がないエリアで売ってるからです。土地が余ってるエリアだと購入希望者がそもそもすくないのだから売れ残ります。
土地需要の低いエリアでは、まずは需要に応じた価格設定をすることが基本となります。
 

02.土地面積が大きすぎるもしくは小さい

土地は広すぎても狭すぎても売れにくくなります。広すぎる場合物件価格が高くなりすぎる、建築する時に土地が余る、外構費用がたくさんかかるなどの理由から購入者がお金に余裕のある方限定になってしまいます。

また狭すぎるのも、これから建物を建てたいと考えている人にとっては、希望の間取りが入らない、駐車台数や庭を確保できないといった観点からむずかしくなります。

 

03.土地の形状や接道などの条件が悪い

土地の広さだけでなく形も重要なポイントです。形が長方形や正方形のように整形となっていれば、間取りが入れやすい、駐車場や庭のバランスがとりやすい、建物を建てやすいというメリットがあります。

一方で形が三角形や台形や旗竿地など不整形である場合は建物を建てた際に無駄な空間ができてしまう、建物を建てる希望条件に制約が出てしまうなどといった問題点から売れにくくなってしまうでしょう。

あと、広さも形もよくても敷地まで行く前面道路が狭い場合も購入に影響されます。あとは道路より高低差がある土地も同じく影響します。

 

04.値段が高い

売主の心理として、できるだけ高い金額で不動産を売りたいと思うでしょう。しかし、売却価格を高く設定してしまうと購入検討者が候補地から外してしまい、売れ残りやすくなります。相場をよく調べたうえで価格設定を行うこと、土地の条件に合った価格を打ち出すことが重要です。

 

05.災害の影響を受ける土地

ハザードマップで過去の浸水履歴のある土地、道路よりも低い土地、海の目の前の土地、物件の近くに斜面がある、などといった土地は地震や津波も心配ですし、昨今の異常気象によるゲリラ豪雨や台風で浸水や土砂災害に巻き込まれる可能性もあります。このような土地は売れにくくなります。

 

06.日当たりが悪い

日当たりが良いかどうかは物件購入者にとって重要なポイントです。日当たりがよければ家も明るくなるし、洗濯物が乾きやすい、家庭菜園したときに野菜が育つ等、様々なメリットがあります。日当たりが悪い方が良い人はいないため土地は売れにくくなる傾向です。

 

07.不動産会社が広告を行っていない

土地が売れるか否かは不動産会社の営業力、ネットワーク、物件のアピール力次第でもあります。現地看板がない、インターネットに掲載してないなどの対応をしているか確認しましょう。ちゃんとした不動産会社であれば、いろいろな経験から培ったノウハウで土地の魅力を引き出してアピールできます。しかし、うまくアピールできない会社に頼んでしまうと、土地の魅力が周囲に伝わらないため売れにくくなります。

 

08.境界がわからない

境界が確定していない土地は近隣住民とのトラブルに巻き込まれる可能性があるため、敬遠される傾向にあります。

【糸島市】不動産売却でなかなか売れない土地とすぐ売れる土地の違い。

売れない要因の対処方法を公開!

土地の買い手がなかなかみつからなくて、どうしていいか困っている人も多いのではないでしょうか。土地が売れない場合の8つの対処法について解説します。

 

01.土地が広い時は分割するという発想

土地が広すぎて物件購入者がなかなかみつからない時には、土地を分割して売るのを検討しましょう。土地面積が広すぎる場合にはこれから住宅を建てようと考えている人にとって、土地購入費用や固定資産税などの税金が高くなる、外構代が高くなる、土地を余らせてしまうといった困りごとが出てくるためです。

分割して売る場合には建築基準法に基づき、土地が接道義務を果たしているかどうかを確認することが重要となります。

 

02.境界線を明瞭に

境界線が不明瞭な場合は、土地家屋調査士に測量を依頼する必要があります。近隣住民とのトラブルを回避するだけでなく、査定の際にも必要となるためです。売る土地がどこからどこまでか境界線はきちんと把握しておくことが大切になります。

 

03.価格を見直す

どうしても売れないとき、価格が適正かどうかをもう一度見直してみましょう。エリアの相場や他の類似した条件の土地の価格を比較し、適正と思われる価格で再度売りに出してみるのも1つの方法です。

 

04.不動産会社を見直す

不動産会社の対応や営業力、アピール力に疑問や不安を感じたらおもいきって不動産会社を変えてみましょう。地域密着型のサービスを展開している会社であれば、そのエリアでの営業の仕方、またアピール方法に精通しているほか客層が違えば反応も変わるかもしれません。土地の魅力を引き出した宣伝を打ち出してくれるはずです。

 

05.一般媒介に切り替えて複数社に依頼する。

1社に専任で任せるのではなく。複数社に同時に依頼して売るやり方を一般媒介といいます。各社にお願いしにいかないといけないので手間はかかるのと条件変更時や購入者が現れたときに各社に連絡しないといけないなどの成約はありますが。物件が売れない場合によく行られる方法です。

 

06.近隣の所有者買ってもらう。

実は土地を売る際購入してくれる可能性が一番高いのは隣地所有者なんです。条件が悪い土地も隣地者が時のみよくなる例もあるんです。
例えば旗竿地の場合手前の方が買えば土地が正方形もしくは長方形の整形地になるとかです。

 

07.マイナスポイントを解消してから売る。

先に費用が掛かってしまいますが
例えば
古家がたってて見た目が悪い時などは先に解体してしまうや
隣地所有者にお願いして、隣地の一部を買い足したりあるいは交換して利することで土地の形状や面積、接道状況を改善する方法です。

 

08.買取も選択肢に

手を尽くしたものの結局売れなかった場合には、買取も視野に入れてみましょう。買取であれば買い主が不動産会社となるため、買い主を一から探す手間が省け、手続きもスムーズなので早期に手放すことができます。売却よりも価格が低くなる傾向にはありますが、仲介手数料がかからないのもメリットの1つといえるでしょう。

 

【糸島市】不動産売却でなかなか売れない土地とすぐ売れる土地の違い。

糸島市での不動産売却はあなたの街のセンチュリー21三愛地建へ!土地が売れるテクニックをお伝えします!

土地が売れない時はなにか要因があります。原因を分析して対処することが大事です。

糸島市で土地の売却でお悩みの方はあなたの街のセンチュリー21三愛地建までお気軽にご相談ください。買取も含めベストな対処法をお客さまにアドバイスしております。

 

戻る