【糸島市】不動産売却する時...

【糸島市】不動産売却する時の家の中の荷物(残置物)の片付けはしないといけない?処分方法は?

【糸島市】不動産売却する時の家の中の荷物(残置物)の片付けはしないといけない?処分方法は?

不動産を売却する際は、家の中に残っている家電や家具などの残置物をすべて撤去または処分してから売却します。
(不動産会社からの直接買取など一部例外を除いて)
また、残置物を残したまま売却したい場合は、購入者との相談となります。
この記事では、不動産売却時に残置物を処分する方法と、現状渡しについて解説します。

不動産売却する時の家の中の荷物(残置物)の片付けはしないといけない?処分方法は?

残置物の処分方法には、業者にお金を払って依頼するか自分でおこなう方法か、2つがあります。
自分でおこなう場合は、残置物を一般ごみ・粗大ごみ・家電・パソコン関係などの種類別に分類し、各自治体のルールに従って処分してください。
まだ利用可能なものについては、リサイクルショップやフリマサイトに売りに出し、現金化するのも良いでしょう。
処分にかかる費用を抑えられ、かつ不要なもので利益を生み出せる可能性がある点は、処分を自分でおこなう大きなメリットです。
ただし、手間や時間がかかるため、自分での処分が難しい方は業者への依頼を検討しましょう。
2tトラック分ほどであれば、およそ3万円~4万円で撤去・処分してくれます。
ただし、なかには悪徳な業者もあるため、実績があり信頼できる業者を選ぶことが大切です。

【糸島市】不動産売却する時の家の中の荷物(残置物)の片付けはしないといけない?処分方法は?

不動産売却時の残置物を残したまま売る現状渡しとは?

不動産売買の用語の1つに、「現状渡し」というものがあります。
現状渡しとは、畳の表替えや設備の故障といった欠陥を修補せず、現状のまま買主へ引き渡すことです。
「現状渡しであれば、残置物もそのままの状態で売却できる」と勘違いしている方が時折見られますが、そうではありません。
あくまで、住宅の欠陥を現状のまま売却するといった意味であり、残置物の片付けは基本的に必要であることをあらかじめ理解しておきましょう。
ただし例外として、売買契約書の特約に「残置物も含めて買主へ引き渡す」と明記すれば、残置物もそのままの状態で引き渡せます。
トラブルを避けるためにも、「現状渡し」の意味については正しく理解しておくことが重要です。

 

【糸島市】不動産売却する時の家の中の荷物(残置物)の片付けはしないといけない?処分方法は?

原則的には残置物を処分(片付け)してから売却することが一般的です。
糸島市(地方自治体)のルールに従い自分で処分することも可能ですが、それが難しい場合は業者へ依頼する方法もあります。
自分の状況や予算に合う方法で処分を進めましょう。
また、「現状渡し」の意味についても正しく理解し、トラブルのない売却を目指してください。

【糸島市】不動産売却する時の家の中の荷物(残置物)の片付けはしないといけない?処分方法は?

福岡県糸島市の「三愛地建株式会社」は、地元密着型の不動産会社であると同時に、「CENTURY21」加盟店という全国的なネットワークも持っています。

地元糸島市を知り尽くしている強みと、大手ネットワークによる強力なサポートで、お客さまのご要望に沿った不動産売却のお手伝いをいたします。プライバシーにもしっかり配慮しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

戻る