【糸島市】不動産を売る方法...

【糸島市】不動産を売る方法、仲介と買取の違いは?

【糸島市】不動産を売る方法、仲介と買取の違いは?

不動産を売却する時に大きく分けて2種類あります。

仲介は不動産会社が売主と買主の間に入り、契約を取りまとめる。買取は不動産会社が直接、不動産を売却する方法です。
今回は不動産売却の仲介と買取のメリット・デメリットを解説します。

【糸島市】不動産を売る方法、仲介と買取の違いは?

仲介と買取の違いは?

どちらの方法も家を売ることに違いはありませんが、売却活動の進め方や手続きの面で異なる点があります。まずは仲介と買取の違いをチェックしてみましょう。

 

仲介

「仲介」とは不動産仲介会社と相談の上、売出し価格を決定したのち不動産売却を依頼し、依頼を受けた会社が広告活動や販売活動等を行い、購入希望者を広く募集して、成約に至った場合その報酬として仲介手数料(成約価格の3%+6万円+税)を支払いする。これが仲介での不動産売却となります。

不動産の売買では専門分野の法的な手続き(登記や売買契約)も必要となります。所有権移転登記や抵当権設定登記は一般的には司法書士が代行しますし、住宅ローンを利用する売買の場合は、宅建取引士の資格を持った人の記名・押印がある重要事項説明書・売買契約書が必要となります。
これらの手続きに協力してもらい、売買に伴う手続きのサポートが受けられるのも仲介のメリットです。

 

買取

買取とは、不動産会社が直接不動産を買い取る方法です。買取には大きく分けて2種類あり、希望条件がお互いにあえば不動産会社にすぐ買い取ってもらう方法を【即時買取】、あらかじめ決められた日までに売却できなかった場合には仲介する不動産会社や提携する不動産会社で買い取る方法を【買取保証】といいます。

売却期間を重視する場合は即時買取、売却期間に期限がある場合は買取保証を選ぶのが一般的です。

 

その他の違い

売却期間の違い

不動産の「買取」とは不動産会社が不動産を買い取ってくれるものです。わかりやすくに例えるならブックオフを思い浮かべてください。中古の本をブックオフに売るのに似ています。

最終的には、不動産会社がその物件を自社商品として売却します。

「仲介」は、不動産会社に依頼し、購入希望者を募集してもらい売却する方法です。
売却期間について言うと、売却仲介の場合は当然ながら、物件購入者が現れるまで売買が成立しません。

物件購入者を見つけるにはインターネット掲載などの広告活動、営業活動の期間が必要です。通常、売却の場合は物件が売れるまでに1カ月~3カ月程度かかります。しかし買取であれば、条件が合えば数日で不動産会社に売却する手続きを終えることができます。
早く売りたい場合には、買取のほうが売却よりも早いということになります。 

 

売却価格の違い

買取査定では、売却価格が通常の相場の60%~70%程度のなるのが一般的です。3,000万円の物件なら1,800万円~2,100万円ということになります。なぜそうなかというと、不動産会社は買い取った不動産を会社で使用するのではなく、利益を得るために転売するためです。買い取ったままの状態で転売する場合もありますが、多くの場合は建物をリフォームしたり解体して整地をしたりすることで、不動産の付加価値をあげてから転売するのです。そのため、転売価格が買取価格に付加価値をつけるのに要した費用やその他の諸経費を足した金額で下回ってしまったら赤字となってしまうというリスクがあります。このリスクを考えて、買取価格は低めに抑えるしかないのです。

時間がないので安くてもいいので早く売りたいという事情がない限りは、買取を選ぶと希望に沿わない結果になるかもしれません。

なお、仲介の場合は、時間はかかりますが相場価格で売却できることが多いです。少しでも高く売りたいのであれば相場価格で売れる仲介のほうがおすすめです。

【糸島市】不動産を売る方法、仲介と買取の違いは?

買取を検討してもいい不動産の特徴は?

仲介での売却が困難な不動産も、不動産買取で売却できる場合があります。ここではどういった不動産が買取を検討してもよいかを紹介していきます。

築年数が古い

一般の不動産市場では、築が古くて老朽化した不動産物件は、どうしても購入者が現れにくく、売るのに時間がかかるのが現状です。
不動産会社による買取では、市場での取引価格より安く買い取った上で、リノベーションや解体して土地を分割して販売したり、さまざまな手法で買い取った不動産に付加価値を付けて販売しますので買取なら可能な場合があります。

事故・トラブルが起きた物件

いわゆる事故物件(火災による被害や、他殺、敷地や建物内で自殺、孤独死等、事件事故のあった物件)や、心理的瑕疵(敷地や建物内において過去に起きた事件事故によって、人が嫌悪感をもつ不動産)のある不動産でも、買取可能な場合があります。普通には売却が難しい不動産であっても、相談してみましょう。

仲介で長期間買い手が見つからない物件

仲介で売り出しても、必ず物件購入者が見つかるわけではありません。土地の形が悪い、築年数が古い、狭小住宅、立地がよくないなどの理由で、買い手が見つからないまま時間が経過するケースもあります。このようなときに不動産買取で売却するのも一つの方法です。

瑕疵担保責任が免責になることも

売却した不動産にシロアリや雨漏りなどの欠陥が見つかると、売買契約により基本的には売主は瑕疵担保責任を負うことになります。
しかし、宅地建物取引業法によって瑕疵担保責任が規定されているのは、物件購入者が個人の場合のみです。
なので不動産買取の場合は、物件購入者が不動産会社(宅地建物取引業者)のため、この瑕疵担保責任が免責になります。

すぐに現金化したい場合

様々な事情(借金の返済や離婚、相続の財産分与など)ですぐに現金化したい場合も不動産買取が向いています。

売却してることを知られたくない場合

仲介を依頼する場合、エリアを決めてそのエリア内にチラシを撒くなどの広告・販促活動を行うのが一般的です。週末もオープンハウスを催したりするため、周辺の人に売却することがバレてしまいやすいです。

不動産会社に販促活動をウェブなどに掲載しない現地看板を立てないなどの約束することは可能ですが、その分、買い主が見つかる確率が下がってしまいます。

不動産買取の場合なら、不動産会社とのやり取りだけで売買が成立するので、近隣の人に知られることは少なくなります。

 

リースバックも選択肢のひとつに

また、不動産会社に売却した後も自宅に住み続けたい場合、リースバックを選択することも不動産買取方法の一つです。売却後に賃貸借契約を締結することでそのままお住みいただけますので、近所の方に売却を悟られず、学区変更による転校などもしなくてよくなります。

【糸島市】不動産を売る方法、仲介と買取の違いは?

福岡県糸島市の不動産買取相談は、センチュリー21三愛地建にお任せください。

不動産売却は仲介での売却がほとんどです。しかし不動産買取というシステムを知らないために、売却を諦めてしまう方もいらっしゃいます。なかなか物件を売却できずにお困りの際は、不動産会社に相談することをおすすめします。

糸島市の不動産会社センチュリー21三愛地建では、不動産仲介だけでなく不動産買取も行っております。地元・糸島市の地域専門不動産会社としてお客様の希望に沿った不動産売却をお手伝いいたします。糸島市や周辺地域で不動産買取や査定をご希望の場合は、お気軽にご相談ください。

CENTURY 21

戻る